住宅市場とIPPで確実な太陽光事業を

投稿日:2016.4.04

年間生産量が5.5ギガワットにのぼり、太陽光モジュールメーカーとして「世界No.1を目指す」ハンファQセルズ。固定価格買取制度の金額が年々下がっているなかでも、太陽光発電市場を中心として、今後のエネルギー市場の見方を、日本法人代表取締役の金鍾瑞(キムジョンソ)氏に伺った。

[[続きはWEBサイトでご覧下さい]]