【BLOG】太陽光発電は税金が関係する、だから税制を知っておこう

投稿日:2016.5.30

太陽光発電をビジネスに利用しようと考えている人は少なくありません。

一般の住宅よりも工場などの敷地を利用すれば、大規模な太陽光発電が可能となるからです。
産業用の太陽光発電システムも一般家庭用と
基本的には同じです。

 

ただ、規模が大きくなるため国からの補助金も変わってきます。補助金は規模に応じた金額となっているからです。

 

厳密には太陽光発電システムにはいくつかの種類があります。
太陽光発電システムで発電した電気を自分のところで利用するのではなく、
すべてを電力会社に売電する方法があります。

 

これが全量買い取り型と呼ばれているものです。
売電のための太陽光となります。当然ながら、規模は大きくなります。

 

太陽光発電が事業利益を生み出すのです。
初期投資をすれば、それ以降は収入だけがあります。
時々のメンテナンス費用を賄うことができれば、何もせずに利益が出ることになるのです。
これに対して、初期投資を抑えた太陽光発電もあります。
これは自分が使う分の電気を賄いながら、余剰分を売るやり方です。

通常の使用量を抑えて、時々利益を得ることができます。
電気を使用することは日常生活の中で避けられませんから、
トータルで考えれば利益を生み出すのです。

 

減価償却を終えれば、利益を享受できます。
それは故障しない限り、半永久的に利益となるのです。

 

担当:池田