【BLOG】全てが竹でできた学校、GreenSchool

投稿日:2016.6.14

先日、ある番組で紹介されたバリ島にある学校が

環境のことを考え、校舎・体育館・教室までもすべてが竹細工でできていました。

「その学校に通いたい」子供は世界中にいて、

「通わせたい」親も世界中にいる注目の学校だそうです。

 

では、何がそこまで人を引き付けるのか・・・

それは、

・自立心が育つ。

・環境に配慮した心が育つ。

・行動力がつく。

ここまでは、どの学校を選ぼうと本人次第で備わるものです。

しかし、この学校はプラスアルファー

環境にいい行動はどういったものを作り出すのか、どのように働きかければ人は賛同してくれるのか

を自然と身につけることはできるそうです。

 

たとえば、紹介されていたお話では、二人の10歳前後の少女が考えたもの

ホテルの使わなくなった本来であれば捨てられるシーツをゴミ袋にしようと考え、

実際に交渉し、ゴミ袋に加工し、賛同した人々に売買した。

ゴミをゴミ袋として活用する発想・・・

「柔軟な考えができるんだな。」と思いました。

 

そうそう、

 

こちらの学校の電力はなんと

『太陽光発電』によって賄われているんです。

究極なエコな学校ですね!

日本でも広がりつつある学校に太陽光発電!

今回紹介したバリ島にある学校ですが、

会社経営や学校経営をされている方はいかがでしょうか?

たとえば、

会社や学校の屋上などで太陽光発電システムを設置し、

その売電収入で「奨学制度」を立ち上げ、

将来を担う子供たちに投資しては?

投資というのは、ちょっといやらしい言い方ですが、いかがでしょうか?

将来、自社に入社してほしい人材を育てる意味でも

太陽光で、環境にも人にも貢献できる気持ちのいいお金の使い方

いかがでしょうか?

もし興味があるなら、「思い立ったが吉日」です、当社へご連絡ください。

 

<<お問い合わせはこちらから>>

 

担当:池田