【BLOG】農地で太陽光発電?全国の農地で広がるソーラーシェアリングとは

投稿日:2016.6.20

ソーラーシェアリングとは?

「ソーラーシェアリング」とは、
農地の上に背の高い架台と太陽光パネルを設置して行う太陽光発電です。(=営農型太陽光発電)

一定の間隔をあけて日照を確保するなど、営農への影響を極力小さくしながら
農業と自家発電事業を両立する方法で、
これからの日本の農業を救うものとして注目を集めています。

ソーラーシェアリングでは、これまで国に認められてこなかった
甲種農地・第1種農地・農用地区域内農地などの青地でも
太陽光発電を行うことが可能です。

2013年の3月31日に農林水産省が指針を示し条件付きで許可が認められました。
さらにソーラーシェアリングでの太陽光発電は「産業用」に当てはまるため、
20年間に渡り高い単価で売電できることも特長です。

 

詳しくはメルマガを登録ください。

 

登録はこちら

 

担当:池田