【BLOG】土台が重要

投稿日:2016.6.22

 

 

こんにちは
太陽光発電、購入額も大きく20年のロングスパンで購入する商品ですので
絶対に良い商品を買いたいですよね。
ご存じでしたか?
野外にソーラーを設置する時にパネル選びに目が行きがちですが、
実はパネルを設置する土台となる基礎が大切なこと。 

 

そこで、導入前に覚えて置きたい太陽光基礎をご紹介しますので、導入を考えている方は参考にしてください♩
 

 

●コンクリート基礎
オーソドックスといえる基礎になります。
コンクリート基礎には布基礎とベタ基礎があり、住宅を建てる時にも使われます。
強度的には最も高い基礎といます。 

 

●パイル式基礎
パイルを地面に打ち込んで設置する基礎。
コスト面ではもっとも優れていますが、強度や腐食へのケアも必要のがデメリットといえるでしょう。 

 

●置き石基礎
重い置き石にアンカーを取り付けて基礎にする工法です。
比較的手軽ではありますが、地面深くまで工事をするわけではないので強度にはやや不安あるので、注意しましょう! 

 

●単管パイプ基礎
パイルと同じく地面に単管パイプを打ち込むことで架台を作る工法です。
引きぬく力に弱いので、台風などの影響をうけやすいのがデメリットといえます。
 

 

購入する際は基礎の種類も検討材料に入れてみることをおすすめ致します。

 

 

詳しくはメルマガを登録ください。

 

登録はこちら

 

担当:松元