バイオガス発電で発生する消化液、下水処理場で適正処理する実証実験で公募

投稿日:2016.7.04

環境省は、6月30日、下水処理施設で発生させるメタンガスを活用する、バイオマス発電のモデル事業を行う事業者の公募を開始した。公募期間は7月29日(金)まで。

同事業の名称は、「平成28年度環境調和型バイオマス資源活用モデル事業委託業務」。地域内に存在する家畜ふん尿や食品残さ等を収集し、発酵させメタンガスを発生させる。

 

[[続きはWEBサイトでご覧下さい]]

配信元のサイトで続きを読む »