横浜市など、公共施設の蓄電設備を束ねて「仮想の発電所」 平常時はDRに活用

投稿日:2016.7.07

神奈川県横浜市、東京電力エナジーパートナー、東芝の3者は、横浜市の公共施設内に設置した蓄電池設備を、電力の需要と供給のバランスを維持するために「仮想の発電所」(バーチャルパワープラント:VPP)として構築する、公民一体となった取組みを開始する。

3者は6日、横浜市内におけるVPPの構築に向けた事業「スマートレジリエンス・バーチャルパワープラント(VPP)構築事業」に係わる基本協定を締結したと発表した。

 

 

[[続きはWEBサイトでご覧下さい]]

配信元のサイトで続きを読む »