【BLOG】これからの再エネ投資について

投稿日:2016.7.08

昨年12月の第21回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP21)で

2050年以降に排出量を純増させない「ネットゼロエミッション」が掲げられ

この度のサミットでも削減目標見直しの前倒しが合意されました。

国際エネルギー機関は、二酸化炭素(CO2)削減のための省エネは2030年には毎年8000億ドル

再生可能エネルギーは40年までに7兆ドルの投資が必要とのことです。

日本でも再生可能エネルギー固定価格買取制度がスタートし4年が経過致しました。

「地球環境を守る経済活動」を経営理念に

今後も「再生可能エネルギーの普及促進」を目指し取り組んで参ります。

 

担当:久保田