【BLOG】再生可能エネルギー100%を目指して

投稿日:2016.7.22

米の巨大都市ラスベガス市は昼も夜も24時間休むことを知らない広大なテーマパークを備え、まばゆいばかりのネオンでライトアップされている。
「常にきらびやかな巨大都市では、どれだけ電気が消費されるのか」と、疑問に思わずにはいられない。
周囲一帯は乾燥地域で「砂漠のオアシス」のようなラスベガス市、実は「再生可能エネルギー100%」の実現を目指しているとの事です。
2015年11月にラスベガス市は、街路灯、公園、公共センター、消防署、作業所と、同市が所有する公共建物を
「再エネ100%で電力を賄う」という目標を立て、2017年1月までに移行する予定であると発表致しました。
弊社も「地球環境を守る経済活動を」の経営理念のもと、再生可能エネルギーの普及促進に取り組んで参ります。
作成者:久保田