九州でも「接続案件募集プロセス」 今後は「優先給電ルール」で出力制御も

投稿日:2016.7.25

九州電力は20日、九州内の9エリアにおいて、電力広域的運営推進機関により、太陽光発電などの発電設備などの系統連系を希望し、その系統増強費用を共同負担する事業者を募集する「電源接続案件募集プロセス」の開始が決定された、と発表した。

募集プロセスを開始するのは、大分県速見エリア、大分県西大分エリア、大分県日田エリア、熊本県人吉エリア、熊本県御船・山都エリア、宮崎県都城エリア、宮崎県日向・一ツ瀬エリア、鹿児島県霧島エリア、鹿児島県大隅エリア。

 

 

[[続きはWEBサイトでご覧下さい]]

配信元のサイトで続きを読む »