大幅なCO2排出削減なるか? 東大・産総研・東芝など、CCS実証事業を開始

投稿日:2016.7.26

環境省は25日、温室効果ガス削減の長期目標達成に必要とされている二酸化炭素回収・貯留(CCS)技術の実用化に向けて、本年度から実施する「平成28年度環境配慮型CCS実証事業」において、東芝が大成建設や東京大学などと行う事業1件を採択したと発表した。

本事業では、石炭火力発電所において環境に配慮したCCS技術の実証を行い、その結果を踏まえて、日本に適した円滑なCCS導入手法を取りまとめることで、地球温暖化対策の強化に貢献することを目指す。

 

 

[[続きはWEBサイトでご覧下さい]]

配信元のサイトで続きを読む »