日本初、商用規模の「潮流発電」実証事業 九電みらいエナジーが実施

投稿日:2016.7.26

環境省は25日、潮流発電の早期実用化を図るため、国内における潮流発電の開発・実証を行う「平成28年度潮流発電技術実用化推進事業」の公募を実施し、九州電力グループの九電みらいエナジーを事業者として採択したと発表した。

九電みらいエナジーは、長崎県五島市沖において、これまでの研究開発成果を踏まえ、漁業や海洋環境への影響を抑えた、日本の海域での導入が期待できる国内初の商用スケール(500kW以上)の潮流発電システムを設置し、実証を行う。

 

 

[[続きはWEBサイトでご覧下さい]]

配信元のサイトで続きを読む »