経産省の「電力需給速報」発表 再エネは2.5%、低圧の新電力シェアは0.08%

投稿日:2016.7.28

経済産業省は27日、電気事業者が報告した発受電月報を取りまとめた、2016年4月の電力調査統計の結果を公表した。

2016年4月分電力需給速報によると、電気事業者の発電電力量は648億kWhで、このうち、風力発電太陽光発電などの新エネルギー等は16億kWh(2.5%)だった。

みなし小売電気事業者(旧一般電気事業者)以外の新電力の低圧受電分に占める需要電力量の割合は0.08%だった。なお、低圧受電分は、3月検針日から4月検針日前日までの需要電力量を計上しているため、実際の4月需要における新電力の割合とは一致しない。

 

[[続きはWEBサイトでご覧下さい]]

配信元のサイトで続きを読む »