【BLOG】自然エネルギー100%へ向けて

投稿日:2016.7.29

地球規模での気候変動やエネルギー問題を解決する有効な手段として

この10年間で持続可能な自然エネルギーが急成長して参りました。

現在では世界全体のエネルギー需要の19%、電力供給量の24%が

自然エネルギーで賄われております。

その結果、電力供給量が需要量の100%を超える地域が世界各地で

生まれているとの事です。

一方、日本国内では自然エネルギーの全発電量の占める割合が

2014年にようやく13%に程度になりました。

2012年にFIT制度がスタートし、太陽光発電の導入が急速に

進んで参りましたが、そのほとんどが大手企業が所有・運営されております。

本年4月より始まりました電力自由化でも、「電力の地産池消」が

取りだたされておりますが、これから増々地域主体での自然エネルギー資源を

活用した取り組みが求められていくと言われております。

 

「地球環境を守る経済活動を」を経営理念に、

再生可能エネルギー促進に邁進して参ります。

 

担当:久保田