レアメタルを使わない、高性能な燃料電池の材料 芝浦工大が新開発

投稿日:2016.8.04

芝浦工業大学は3日、レアメタルを使わず常温環境下で合成でき、白金触媒の性能に迫る炭素複合材料を新開発したと発表した。今後、次世代燃料電池の正電極触媒として使用することで、エネファームのような家庭用燃料電池や電気自動車車の低コスト化が進み、低炭素社会への一助となることが期待される。

 

[[続きはWEBサイトでご覧下さい]]

配信元のサイトで続きを読む »