採算性が読めず融資を受けられないメガソーラー 三菱総研など3社が支援

投稿日:2016.8.04

三菱総合研究所(東京都千代田区)は8月3日、三菱UFJモルガン・スタンレー証券(東京都千代田区、以下MUMSS)および関電工(東京都港区)と、メガソーラー発電事業の出力抑制無制限案件などの事業化や、ファンド組成に向けて連携することで合意書を締結した。

2015年1月の再生可能エネルギー特別措置法施行規則改正により、東京・中部・関西電力を除く電力会社エリアで今後開発されるメガソーラー発電所のうち、接続可能量を超過したものは、無制限・無補償の出力制御を受けることとなった。

 

 

[[続きはWEBサイトでご覧下さい]]

配信元のサイトで続きを読む »