京都市、再エネ発電導入に「コーディネーター」派遣 可能性調査にも補助金

投稿日:2016.8.18

京都市は、地域団体が主体となって再生可能エネルギーを導入することを目的とした2件の公募を、12日より開始した。

再エネ導入の準備を手伝う「コーディネーター」派遣

「市民協働発電制度地域コミュニティ版コーディネーター派遣事業」は、地域の町内会や自治会などのミュニティ組織が主体となり、地域に太陽光発電小水力発電など再生可能エネルギーを利用した発電事業を導入する際、事業化支援を行うコーディネーターを派遣する制度。

 

[[続きはWEBサイトでご覧下さい]]

配信元のサイトで続きを読む »