【BLOG】風力発電の現状

投稿日:2016.8.26

NEDOの調べでは、2015年度末時点の国内風力発電の総設備容量が

前年度より6%増の311万6,783kWとなり、総設置基数は3%増の2,102基となったと発表されました。

この調査は、単機出力10kW以上かつ総出力20kW以上の系統連系されているすべての風力発電設備を対象としており

2015年度に導入された風力発電設備は、設備容量で約18万kW、設置基数で86基となり、

単年度の導入量でみると、2011年度以降は毎年度、設備容量8万kW前後、設置基数44基前後で推移しておりましたが

2014年度は設備容量が約24万kW、設置基数101基と導入が加速し、今年度も更に導入が加速すると思われます。

「地球環境を守る経済活動」を経営理念に、更に再生可能エネルギーの促進に取り組んで参ります。

作成者:久保田