三重県の農業用小水力発電所、年間3億6600万円分のメリット

投稿日:2016.8.26

三重県は、青蓮寺ダム取水施設等の施設機能保全のための整備として製造された「青蓮寺用水発電所(三重県名張市)」の運転開始式を8月31日に行うことを発表した。

年間3億6600万円分のメリット×40年

青蓮寺用水発電所の最大発電出力は183kW、年間発電量は510,000kWh。

 

[[続きはWEBサイトでご覧下さい]]

配信元のサイトで続きを読む »