太陽電池モジュールの出荷量、日本製の減少傾向が明らかに

投稿日:2016.9.02

太陽光発電協会(JPEA)の調べで、2016年度第1四半期(4~6月)における太陽電池モジュールの国内出荷量は1,185MWで、前年同期に比べて26%減少したことがわかった。

用途別で見ると、住宅用途は267MW、オフィス・工場・公共施設等(500kW未満の地上設置を含む)向けの一般事業用途は303MWで、前年同期比でそれぞれ35%減、46%減と大きく減じた。一方、売電を目的とした出力500kW以上の発電事業用途は615MWで前年同期比97%と堅調だった。

 

 

[[続きはWEBサイトでご覧下さい]]

配信元のサイトで続きを読む »