米国農務省、シカゴの都市型農業に100万ドル以上の補助 農地整備・人材育成へ

投稿日:2016.9.11

シカゴ市は米国の連邦政府補助金として100万ドルをかけて、都市型農業の整備や人材育成、新規事業の支援を加速させる。米国農務省(USDA)では今年、革新的な自然保護を行う補助金として年間予算2,660万ドルを確保しており、今回のシカゴの都市型農業支援は45の支援プロジェクトの一つとなる。

通常、自然保護に関する補助金は地方にて利用されることが多いが、都市部での自然保護への取り組みには、社会的・環境的にも新たな挑戦と位置づけられており注目が集まっている。

 

[[続きはWEBサイトでご覧下さい]]

配信元のサイトで続きを読む »