膨大な地下水の熱エネルギー利用実験 目指すは冷暖房コストを35%省エネ

投稿日:2016.9.21

大阪市は、10月から、JR大阪駅の北側にある「うめきた2期区域」(JR梅田貨物駅跡地)において、地下水を多く含む地層(帯水層)から熱エネルギーを採り出して、建物の冷房・暖房を効率的に行う、帯水層蓄熱利用の実証事業を開始する。

帯水層蓄熱利用は、再生可能エネルギーのひとつである地中熱利用の一種で、この技術は、省エネルギー、CO2排出削減、ヒートアイランド現象の緩和策として期待されている。

 

[[続きはWEBサイトでご覧下さい]]

配信元のサイトで続きを読む »