新開発の無線通信技術、IoT用のセンサなどを電池で10年間以上動作可能に

投稿日:2016.9.23

東芝は、災害の恐れがある自然環境や、老朽化の進む建物、橋梁やトンネルなどを監視するシステムとして、少ないメンテナンスコストで高信頼なデータ収集を実現する無線通信技術を開発したと発表した。

この「省電力無線マルチホップネットワーク技術」は、920MHz帯を用いた無線ネットワーク方式で、広範囲に設置したセンサーのデータを無線中継により99.999%以上の割合で収集でき、10年以上にわたる電池駆動を可能とした。

 

[[続きはWEBサイトでご覧下さい]]

配信元のサイトで続きを読む »