石狩湾の洋上風力発電、希少猛禽類保護のためバードストライク対策を

投稿日:2016.9.26

環境省は23日、グリーンパワーインベストメント(東京都港区)が北海道で計画している、大規模な洋上風力発電事業に係る環境影響評価準備書に対する環境大臣意見を経済産業大臣に提出した。

本事業「(仮称)石狩湾新港洋上風力発電事業」は、北海道小樽市と石狩市にまたがる石狩湾新港港湾区域内において、最大で総出力104,000kW(定格出力4,000kW級の風力発電設備最大26基)の着床式洋上風力発電所を設置するものである。

 

[[続きはWEBサイトでご覧下さい]]

配信元のサイトで続きを読む »