福島県の「再エネ+蓄電池+送電線」補助金、1件採択 33MWの市民太陽光発電

投稿日:2016.9.26

NPO法人うつくしまNPOネットワークは9月21日(水)、再生可能エネルギー発電設備等導入基盤整備支援事業(福島県再エネ復興支援事業)の4次採択予定者をWEBサイト上で発表した。

4次採択予定者は福島県富岡町で太陽光発電事業「富岡復興ソーラー」を手掛ける「株式会社さくらソーラー」の1社のみ。

同社は福島第一原子力発電所の事故により、避難指示解除準備区域である福島県富岡町の復興を支援する取り組みとして今回の発電事業を実施する。「富岡復興ソーラー」は全国で初めて市民主導による約35万平方メートル、33MWの太陽光発電を手がけ、発電事業による収益は下記のようなかたちで地域に還元する。

 

[[続きはWEBサイトでご覧下さい]]

配信元のサイトで続きを読む »