太陽電池モジュール、産業用ではなく住宅用で新製品 変換効率は21.2%

投稿日:2016.9.27

東芝(東京都港区)は、太陽電池モジュールの新製品として「Sシリーズ」345Wモデル・253Wモデル、「Jシリーズ」240Wモデル、「GXシリーズ」255Wモデルの3シリーズ4製品を10月11日から順次販売開始する 。

最上位機種「Sシリーズ」では、実証レベルを除いた一般流通している量産レベルとしては世界最高水準となる、最大変換効率21.2%(※2016年9月1日時点、同社調べ)を実現した345Wモデルと、最大モジュール変換効率20.3%の253Wモデルを新製品として投入する。

 

 

[[続きはWEBサイトでご覧下さい]]

配信元のサイトで続きを読む »