【BLOG】気になる

投稿日:2016.10.20

山口県は、電気自動車の普及に伴い増加が見込まれる中古バッテリーを、太陽光発電と連携させ家庭用蓄電池として再使用し、省エネ効果などを検証する試験を実施すると発表した。

今回使用するエネルギーは4.1kWの太陽光発電と9.6kWhの蓄電池(中古バッテリー使用)。

本実験は家庭用蓄電池としての中古バッテリーの有効性と太陽光発電と組み合わせた省エネ効果を検証するために実施する。

 

結果がどうなるのか気になりますね、

追って情報が入り次第アップしたいと思います。

 

担当:玉田