東京都「LED照明・太陽光発電を導入するからお金かして」 個人向け債券発行

投稿日:2016.10.24

東京都は21日、環境事業に要する資金を調達するための債券「グリーンボンド」の発行に向けたトライアルとして、個人向け都債「東京環境サポーター債」を12月に発行すると発表した。通貨はオーストラリアドル(豪ドル)で、発行額は日本円で100億円相当、期間は5年間。

本債券の発行で調達した資金は、再生可能エネルギーの導入、省エネルギー化の観点から、都有施設の改築・改修による照明のLED化、太陽光発電設備の設置等に資金を充当するほか、都市の緑化、気候変動の影響への適応の観点から選定した事業に資金を充当する予定。

小池百合子東京都知事は21日の記者会見で、本債券について説明し、その効果として、都立図書館・学校では、照明の消費電力がLED化によって約4割程度削減でき、一般家庭が使用する電力量の80軒分に相当する再生可能エネルギーが導入できると述べた。

 

 

[[続きはWEBサイトでご覧下さい]]

配信元のサイトで続きを読む »