【BLOG】土地付き太陽光発電のメリット

投稿日:2016.10.25

1・土地が無くても太陽光発電事業を始める事が出来る。

 

土地付き太陽光発電最大のメリットの一つです。
専門の販売店が、安い太陽光向けの土地探しから太陽光発電システムの建設、売電契約もろもろの手続きを一括で行います。その為、投資家の皆さんは「株投資」「不動産投資」と同じような感覚で投資することが出来ます。

 

2・利回りの高さ

 

土地付き太陽光発電は、借地型・分譲型共に、主流の利回りが9%~11%前後です。
ハイリスクな投資は別にすると、かなり良い利回りと言えます。
2014年1月時点の10年定期預金金利の最高金利は0.40%です。
太陽光メーカーは発電保証等しているところもあり、安定的に高い利回り得る事が出来ます。

 

3・20年間安定した利益を確保

 

2012年7月に国が制定した「固定価格買取制度」は、太陽光発電を「投資商品」へと変化させました。
10kWを超える太陽光発電システムは、20年間、発電した電気全てを37.8円/kW で電力会社が買取る事を義務付けました。
価格が変化しない事は、安定的な収入に繋がります。株や不動産は値動きがありますが、上記の制度により太陽光発電の買取価格は20年間変動しません。

 

 

まだまだありますが、詳しくはぜひお問い合わせください。

 

担当:池田