産業廃棄物の収集運搬車両、25%が違反 東京都など一斉路上調査で判明

投稿日:2016.10.28

東京都など32の自治体で構成される、産業廃棄物不適正処理防止広域連絡協議会(通称:産廃スクラム32)は27日、産業廃棄物の収集運搬車両の一斉路上調査を実施した結果を発表した。

今回の調査は、不法投棄撲滅強化月間における取組みとして、10月14日(金)、19日(水)に関東甲信越、福島県、静岡県の14カ所で実施。自治体職員187名、警視庁および県警職員59名、高速道路株式会社職員45名の計291名の体制で行われた。

 

 

[[続きはWEBサイトでご覧下さい]]

配信元のサイトで続きを読む »