モンサント、1ヘクタールの太陽光利用型植物工場で2000人を雇用

投稿日:2016.11.01

モンサントは「チェスターフィールド研究センター」に温室ハウス36施設を稼働させた。施設は太陽光利用型植物工場のように、温室・湿度などのモニタリングや遠隔制御システム、一部には人工光による補光設備を導入したものとなっている。

モンサントは遺伝子組換え種子の世界シェアトップであり、先月はドイツの医薬・農薬大手バイエルが約660億ドルでの買収するニュースが世界を駆け巡ったばかりである。

 

[[続きはWEBサイトでご覧下さい]]

配信元のサイトで続きを読む »