太陽光発電事業者の倒産 理由は「事業上の失敗」、「資金欠乏」が多め

投稿日:2016.11.02

10月31日、東京商工リサーチは2016年1~9月の太陽光発電の関連事業者の倒産件数は42件(前年同期比10.5%増)に達すると発表した。このままのぺースで推移すると、2015年の54件を上回り、調査開始(2000年)以降、最多を記録すると見込まれる。

倒産原因は「安易な事業計画」「過小資本」

東京商工リサーチによると、倒産原因として「販売不振」が最も多く21件(構成比50.0%)と半数を占めた。次いで、「事業上の失敗」8件(同19.0%)、「運転資金の欠乏」6件(同14.2%)と続く。

 

 

[[続きはWEBサイトでご覧下さい]]

配信元のサイトで続きを読む »