ネクストエナジー、275Wで重さ10.5kgの太陽電池モジュールを発売

投稿日:2016.11.09

自然エネルギー関連の事業を展開するネクストエナジー・アンド・リソース(長野県)は、従来型より1/2の軽量化を実現した太陽電池モジュールの発売を11月4日より開始した。

屋根荷重問題にも対応
この製品の公称最大出力は275Wだが、ガラス厚を従来の1/4にし、質量が同社従来製品の約1/2となる10.5kgを実現。また、背面補強バーを標準仕様とし、積雪荷重のJIS企画が2400Paに対し、5400Paまで耐えられる設計だ。そのため、屋根荷重の問題によりこれまで太陽光発電の導入が困難であった場所にも対応することができるという。

 

 

[[続きはWEBサイトでご覧下さい]]

配信元のサイトで続きを読む »