Kickstarterで1億円集めた太陽光発電によるスマートフォン充電器、日本でも発売

投稿日:2016.11.21

雑貨などの輸入販売などを手掛けるロア・インターナショナル(東京都新宿区)は、韓国ヨーク社が製造する、太陽光発電デバイス「Solar Paper(ソーラーペーパー)」の販売を開始した。

同製品は2015年、米国のクラウドファンディングサイト「Kickstarter」で1億円以上を調達し話題になった。日本でも、YOLK社の日本公式代理店を務めるロア社によって、2016年8月からクラウドファンディングサービス「Makuake」で資金を募り2600万円以上を調達している。現在は商品の発送中。今回同社はこの商品を正式に販売する。

太陽光発電パネルは6枚まで追加できる

この製品は、太陽の下でパネルを開き、USBケーブルをつなげて充電するデバイス。スマホやカメラ、モバイルバッテリーなど、USBポートをもつデバイスであれば充電できる。パネルは最大6枚(15W)まで追加できるため、晴れた日なら2.5時間でスマホを充電できる、大型デバイスの充電も可能になる。

 

[[続きはWEBサイトでご覧下さい]]

配信元のサイトで続きを読む »