中部電力・東北電力、ガス小売りに参入 東邦ガスの領土、東海3県に進出

投稿日:2016.11.25

経済産業省は21日、来年4月の都市ガス小売りの全面自由化以降、ガスを販売できるガス小売事業者として、中部電力と東北電力グループの東北天然ガス(宮城県仙台市)の2社を事前登録した。

中部電力は、2017年4月から、新たに自由化される家庭や飲食店等へのガス販売を開始する。家庭等へのガス小売り事業では、まずは、東邦ガスの供給区域で都市ガスを利用の顧客を対象に展開する。販売を担う組織を新設し、同社の直接販売を中心に行う。今後、万全な保安体制を構築していくとともに、2017年1月からの受付開始を目指し、安価で分かりやすいガス料金メニューの検討を進めていく。

同社は、2001年から大規模工場向け等に自社の導管を活用した天然ガス販売事業を開始し、段階的にガス事業を強化・拡大してきた。2015年度ガス・LNG販売実績は97万トン。新たに家庭等へのガス小売事業への参入により、電気のみならずガス販売も拡大し、総合エネルギーサービスのリーディングカンパニーを目指す考えだ。

 

 

 

[[続きはWEBサイトでご覧下さい]]

配信元のサイトで続きを読む »