【BLOG】モデルチェンジ

投稿日:2016.12.07

パワコンの新作発表が相次いでいます。各社の太陽電池の発電効率の伸びもしかり、一方でパワコンの性能も着実に進化しています。

ひとつは「過積載」に対応するもので、太陽光発電設備の設計自由度がさらに高まっています。

入力電圧・電流が拡大され、さらに多くの数のパネル設置や、朝夕などの時間帯や曇天時などの少ない日照量でも発電量を確保できるものです。

これによって以前より発電効率が向上し多くの発電量が見込まれます。

また、自立運転出力回路を内蔵した、停電時にも太陽電池で発電した電力を有効に使用することができるモデルも発表されています。

FIT価格は年々微減しておりますが、機器の性能効率も向上し設置コストも下がってきてますね。

参考:新エネルギー新聞

 

藤本