【BLOG】TKFM

投稿日:2016.12.09

PPAPならぬ、太陽光ファンドのメリット=TKFMをご紹介します。

 

その1:銀行預金を上回る高利回りの配当を受けれる!

 

最初にメリットとして挙げられるのが、

銀行預金を上回る高利回りの配当を受けることができるという点です。

 

銀行預金は太陽光ファンドに似て、

比較的安全性が高い投資先として人気がありますが、

その金利は大手の銀行でも0.01%(※みずほ銀行の場合)と、

資産を増やすには相当な年月を費やします。

 

その一方で太陽光ファンドの場合、

低くても5%前後~8%前後

(※案件により異なる)の高利回りです。

 

 

 

 

その2:一口10万円程度からの少額投資が可能!

 

次に紹介するのは、

人気の太陽光発電投資に一口10万円程度から参加できるというメリット。

 

前述したように、

太陽光発電投資は元々低リスクの投資先として人気がある一方、

初期費用が数百万円~と高額になることから、

今まで一部のお金持ちや企業しか投資することができませんでした。

 

しかし、

太陽光ファンドでは

一口10万円程度からの少額投資をすることが可能。

それにより一般の方や投資初心者の方でも手を出しやすい投資先として、

気軽に始めることができます。

 

 

 

その3:誰でも低リスクで計画的に資産運用が行える!

 

 

最後に

低リスクで計画的に資産運用が行えるというメリットを紹介します。

 

なぜ低リスクなのかというと、

太陽光発電システムは一度設置を行えば災害などの影響を受けない限り、

安定した稼働が見込まれるからです。

 

 

よって投資特有の値動きなどを気にする必要がなく、

一度投資を行った後は分配金が入るのを待つだけという投資スタイルとなる為、

忙しいサラリーマンや主婦の方でも比較的安全な投資が行えます。

 

 

また、何か大きな問題が起こらない限り

「固定価格買取制度」により

およそ20年間は政府による収益が約束されているので、

長期的な計画を立てて資産運用を行うことも可能です。

 

このように太陽光ファンドは少額から始められ、

安定収入を得ることができるということから

“誰でも始められる新しい資産運用”

としてまたもや最近話題となっています。

 

よって将来的に資産を残したいと考えている方や、

安定した投資を行いたい投資家の方にもオススメの投資先だと言えるでしょう。

 

太陽光ファンドの詳しい仕組みはこちらで紹介しているので、

興味がある方は是非一度チェックしてみて下さい。

 

担当:松元