温室効果ガス、2015年度は3%減 「商業やサービス業はまだ多い」結果に

投稿日:2016.12.13

環境省と国立環境研究所は12月6日、2015年度の国内温室効果ガス排出量(速報値)をとりまとめた。

環境省によると、2015年度の温室効果ガスの総排出量は13億2,100万トン(CO2換算)で、前年度3.0%減(2013年度比6.0%減、2005年度5.2%減)であった。

2013年度と比べて排出量が減少した要因としては、電力消費量の減少や電力の排出原単位の改善に伴う電力由来のCO2排出量の減少により、エネルギー起源のCO2排出量が減少したことなどが挙げられる。

 

 

[[続きはWEBサイトでご覧下さい]]

配信元のサイトで続きを読む »