神戸のスタバ、コーヒー豆かす・廃棄物などを固形燃料に加工する実験スタート

投稿日:2016.12.13

神戸市、スターバックス コーヒー ジャパン、近畿大学は産官学連携により、神戸市内の植物由来の廃棄物バイオコークス(バイオ・リサイクル燃料)化し、再生可能エネルギーとして地域で循環利用するための実証実験を12月7日から開始した。

この取組みは、神戸市内のスターバックス店舗から排出されるコーヒー豆かす・カップなどの店舗廃棄物や市内の剪定枝等を原料として、近畿大学が開発した技術を用いて、固形燃料バイオコークスを製造、またその有効利用についての実証実験を行うもの。

 

 

[[続きはWEBサイトでご覧下さい]]

配信元のサイトで続きを読む »