愛知県東浦町の太陽光発電所「東浦ソーラーウェイ」が完成

投稿日:2016.12.15

日本アジアグループ傘下の国際航業(東京都千代田区)は、13日、愛知県知多郡東浦町の「東浦ソーラーウェイ」太陽光発電所が完成したと発表した。

この事業は、同町が用地を賃借し、メガソーラーを実施する事業者を選定する公募を実施し、同社が採択され今年2月から建設を行っていたもの。同太陽光発電所の出力は1,865kW(一般家庭約386世帯の年間電力消費量)。発電した電力の全量は、中部電力に売電される。敷地面積は約2万4,000平方メートル。カナディアン・ソーラー・ジャパン社製の太陽光発電パネルが設置されている。EPC事業者はJAG国際エナジー(東京都千代田区)。

 

 

[[続きはWEBサイトでご覧下さい]]

配信元のサイトで続きを読む »