東京都、コジェネ+熱電インフラ導入に補助金 デマンドレスポンスできる体制に

投稿日:2016.12.16

東京都は12月12日、コジェネレーションシステムや熱電融通インフラ(熱導管や電線路)の設置、またそれらを使ってエネルギーマネジメント・デマンドレスポンスを可能にする体制構築への補助事業の第3回公募を開始した。

ESCO事業者、リース事業者、テナントでも応募可能

この事業は、「低炭素」・「快適性」・「防災力」の3つを同時に備えたスマートエネルギー都市の実現を目指し、エネルギー利用の効率化を促進するスマートエネルギーエリアの形成を推進するもの。

助成対象者は、都内の建築物にコジェネレーションシステムや、熱電融通インフラの設置を2021年12月28日までに工事完了する民間事業者。

 

 

[[続きはWEBサイトでご覧下さい]]

配信元のサイトで続きを読む »