東京都、建設リサイクル法の抜き打ち調査 アスベストの事前チェックなど指導

投稿日:2016.12.16

東京都は15日、区市とともに10月に実施した建設リサイクル法に関する一斉パトロールで、石綿(アスベスト)の飛散防止対策に関して、大気汚染防止法と環境確保条例に基づく指導を87件実施したと発表した。

今回のパトロールは、建設リサイクル法の届出があった2,466件の約2割に当たる455件に対してパトロールを行い、石綿含有建材(スレート板等の成形板等を含む)の分別状況等についても重点的に確認した。

その結果、標識の未掲示や分別解体の不徹底が確認された現場において「法に基づく助言」を16件、その他「法に基づかない指導等(軽微な事項や他法令違反の場合等)」を279件実施した。フロン排出抑制法に基づくフロン回収・処理については、今回は違反は認められなかった。都では引き続き適正な処理の徹底を図っていく。

 

 

[[続きはWEBサイトでご覧下さい]]

配信元のサイトで続きを読む »