自動車・電車に使える振動・加速度センサ、東北大が開発

投稿日:2016.12.20

東北大学(宮城県仙台市)の未来科学技術共同研究センターのグループは12月15日、「エナジーハーベスタ」を用いたセンサを開発し、その実用化のために、仙台スマートマシーンズ(宮城県仙台市)を設立した。

超小型で給電の必要なし! 自動車や電車にも使用可能

今回開発された技術はエナジーハーベスタを用いた超小型・超軽量の無給電センサ。

「エナジー・ハーベスタ(環境発電)」とは、身近にある太陽光や温度差、振動などを電気エネルギーに変換するデバイス。

発電出力は、容積1cc、振動加速度1gにて約1/1000W。

 

 

[[続きはWEBサイトでご覧下さい]]

配信元のサイトで続きを読む »