新開発、廃食油からバイオディーゼルを連続生産する方法 有害廃液も出さず

投稿日:2016.12.20

東京都市大学 工学部 エネルギー化学科の高津淑人(こうづまさと)准教授は12月19日、資源の有効活用と温暖化抑止が期待されるバイオディーゼルの普及を目指し、バイオディーゼル製造装置をコンパクト化できる連続的生産法を開発したと発表した。

今回、開発された連続的生産法は、装置に原料となる廃食油を連続的に供給することで、従来の回分型生産法に比べ、効率的な生産が可能となり、有害廃液を副生しない「石灰石」の触媒利用により、これまでバイオディーゼル普及の阻害要因となっていた経済的合理性と有害廃液副生が解消される。これらの技術が事業化を通じて広く活用されるようになれば、東京で排出される廃食油を油田と捉えた、「Tokyo-都市油田」が現実のものとなる。

 

 

 

[[続きはWEBサイトでご覧下さい]]

配信元のサイトで続きを読む »