【BLOG】冬至

投稿日:2016.12.21

12月21日は二十四節気の「冬至」です。本格的な寒さは冬至ごろからといわれています。

1年で1番太陽の力が弱い日は、「これ以上陰が極まる日はない=これからは陽に転じる」という中国の易経から「一陽来福(悪いことが去り、良い方向に転じる)」という言葉と結びつけられています。

冬至の日は、日の出・日の入りの位置が最も南寄りになり、太陽の南中高度が最も低くなります。

「冬至とは何か」と聞かれれば、多くの人が「夜が長くて昼が最も短い日」と答えられるかと思いますが、「日の出が最も遅くて、日の入りが最も早い」との理解とは異なります。

冬至の日には「日の出はもう少し遅くなるけれど、夕方は徐々に明るくなり始めた」という時期で、そのズレの兼ね合いによって昼間の時間が最も短くなるそう。

太陽光の発電量にも影響してくる事象ですので状況を的確につかみ、うまく活かしましょう。

 

参考:日経電子版

藤本