浮体式洋上風力発電の低コスト化に向けた新技術 九州大学などが開発へ

投稿日:2016.12.22

NEDOは21日、浮体式洋上風力発電システムの実用化に向けて、2030年以降の発電コスト20円/kWhを目指して、システムの低コスト化に関する要素技術開発に着手すると発表した。

この開発事業は「次世代浮体式洋上風力発電システム実証研究(要素技術開発)」としてNEDOが公募したもの。採択テーマは、風力発電等技術研究開発/洋上風力発電等技術研究開発/次世代浮体式洋上風力発電システム実証研究(要素技術開発)。

委託予定先は、九州大学、国立研究開発法人海上・港湾・航空技術研究所のほか、日本アエロダイン(東京都千代田区)、富士ピー・エス(福岡市中央区)、グローカル(広島県呉市)。事業期間は2016~2017年度。

 

 

 

[[続きはWEBサイトでご覧下さい]]

配信元のサイトで続きを読む »