ノルウェーの野菜価格・植物工場ビジネスの可能性レポート

投稿日:2016.12.24

一般社団法人イノプレックス(東京都台東区)は、冬の気候が厳しく野菜の周年生産が難しい「ノルウェー市場」における野菜の価格調査を実施したため、一部の価格情報を紹介した。

ノルウェーの農地は国土の3%ほどしかなく、その多くは大麦・小麦など穀類や、ノルウェー料理に多く使われるジャガイモの栽培に利用されているため、ノルウェーのスーパーマーケットに並ぶ生鮮野菜の多くはデンマークやオランダなどから輸入している。

ノルウェーだけでなく、フィンランドなどの北欧エリアでは同様の課題を持っている。こうした現状から、安定生産かつ地産地消を実現するために三菱化学は先日、フィンランドの現地レストランと共同にて植物工場によるベビーリーフ等の実証生産を開始している

 

[[続きはWEBサイトでご覧下さい]]

配信元のサイトで続きを読む »