【BLOG】水素で動作させる実験

投稿日:2016.6.30

自動車メーカーのトヨタ自動車

フォークリフトを太陽光発電の電気で水素を作り、その水素で動作させる実験をしているみたいです。

 

太陽光発電で水素をつくり、燃料電池を搭載したフォークリフトを動かす実証実験を来春から始めるみたいです。

来年度中に試作、実験を繰り返しゆくゆくは事業化をめざすとの事。

 

走る時に二酸化炭素を出さない燃料電池車は究極のエコカー

 

しかし国内では水素の多くが化石燃料からつくられている為、製造時にCO2が出る。この問題を解決するため太陽光発電を使う。

トヨタ九州の宮田工場には500キロワットの太陽光発電設備を設置している、その電気で水の電気分解装置を稼働させ、水素をつくり

この水素をつかって燃料電池フォークリフトを動かす。という仕組みらしいです。

 

水の電気分解、理科の実験でやった記憶がありますよね?

中学校?の時でしょうか、なんとなく受けていた授業で行われていた実験が事業になる。

学校の授業も侮れませんね。

 

トヨタ九州の社長は「うまくいけば規模を拡大し、他の工場でも展開したい」と話しているみたいです。

 

担当:玉田