宮古島の空港、太陽光発電+水素ステーション ほか4件に補助金

投稿日:2016.7.19

環境省は15日、低炭素な水素社会の実現と、燃料電池自動車の普及・促進のため、再エネ由来の水素ステーションの導入に対して支援を行う「平成28年度地域再エネ水素ステーション導入事業」の2次募集で、4件を採択したと発表した。

太陽光発電で水素を製造する宮古空港

このうち、宮古空港の旅客ターミナルを運営する宮古空港ターミナル(沖縄県宮古島市)による事業では、同地において、スマート水素ステーション(水素製造量1.5kg/日、常用圧力35MPa)を導入する。また、水素製造に必要な全電力は他の補助事業で導入した、独立型再生可能エネルギー(太陽光発電)を活用する。陸路で充塡可能な既存水素ステーションは存在せず、沖縄本島および他の離島へ使用地域の拡充が期待される。

 

[[続きはWEBサイトでご覧下さい]]

配信元のサイトで続きを読む »