暗号処理技術も省エネが必要! 東北大・NECなど、IoT機器向けに新技術を開発

投稿日:2016.8.23

東北大学、NEC、中央研究所は22日、IoT(Internet of Things)機器向けに、インターネット上でやりとりされる情報を守るために利用されているAES暗号を、高速かつ省電力で処理する技術を開発したと発表した。

今回確立した設計技術では、AES暗号アルゴリズムがガロア体と呼ばれる特殊な数体系に基づく計算として表現されることに着目。

 

[[続きはWEBサイトでご覧下さい]]

配信元のサイトで続きを読む »